COLMINA Service & Solution Navi  (ソリナビ) - Fujitsu
  1. HOME
  2. 製品紹介
  3. 生産準備(3D-BOP)
  4. COLMINA 技術ファイル管理 for Manufacturing
  5. COLMINA 技術ファイル管理 for Manufacturing

 

3Dデータを活用し設計・製造間の情報伝達を実現する3D-BOPとは

3Dデジタルデータの活用をものづくり全体に広げ、生産準備工程で発生する種々の情報(部品、組立手順、治具・工具、設備)を3Dベースの製造工程情報(3D-BOP:3D Bill of Process)として作成します。
3D-BOPは、設計と製造のギャップを埋め情報伝達を行う橋渡しとして、リードタイム短縮と品質トレーサビリティの強化を実現します。

 

3D-BOP

 

 

富士通がご提供する3D-BOPの特長

特長1

3Dを活用した生産準備情報の作成

<COLMINA デジタル生産準備 VPS>
3Dモデルを元に生産準備に必要な情報を簡単操作で作成できます。
部品の位置や組立性、工具の干渉有無など、3Dモデル上で試行錯誤しながら工程設計を行うことが可能です。

3Dを活用した生産準備情報の作成

特長2

生産準備情報を一元管理

<COLMINA 技術ファイル管理 for Manufacturing>
3D-BOPを構成するVPSデータを一元管理します。ユニット単位で排他制御を行いながらチームで工程設計の作業を行います。
作成した各種帳票類を3D-BOP(VPS)を軸に束ね生産準備情報として共有できます。

生産準備情報を一元管理

特長3

設計-製造間の情報伝達

<COLMINA 技術ファイル管理 for Manufacturing>
3DCADやE-BOMを元に3D-BOPを作り、必要な形に加工して製造工程に渡します。
設計から製造への情報伝達を促進し、工程設計の迅速化、設計変更への対応を効率化します。

設計-製造間の情報伝達

 

ページ先頭へ

本製品に関するお問い合わせ

<COLMINA 技術ファイル管理 for Manufacturing>