1. HOME
  2. ソリューション紹介
  3. 解析・CAE
  4. FJKSWAD

FJKSWAD

FJKSWADは設計者向けの構造・熱解析ソフトウェアです。 設計の早い段階から、設計者自身が製品の強度・振動・熱に関する性能評価を行うことができ、「品質向上」「期間短縮」「コスト削減」といった、ものづくり現場の問題解決に大きく貢献します。

設計者のよくある悩みを解消!「FJKSWAD」活用例ご紹介

構造解析システム「FJKSWAD」体験セミナー

FJKSWAD 製品コンセプト

  • 利用頻度が高い解析の手順を標準化(解析ウィザード)FJKSWAD CAE 解析 FJKSWAD

 一般的な機械設計で利用頻度が高い解析について、パラメーター設定や処理方法、操作手順を標準化した解析ウィザード機能を実現しました。解析ウィザードを利用することで、初心者の方でも手軽にCAEを活用できます。
 Standard版では解析ウィザードに加えコマンドメニュー、パートマネージャー等も利用できます。ユーザーの熟練度に応じて、より専門的な解析にも対応します。
 
 
 
 
 
解析ウィザードを利用した操作デモ動画はこちらからご覧いただけます。
  
強度解析デモ動画
振動解析デモ動画
熱解析デモ動画
  
  
  • 3次元CADデータの有効活用FJKSWAD CAE 解析 FJKSWAD

 従来、解析モデルの作成(メッシュ切り)が構造解析のボトルネックでした。
大規模な解析モデルにも対応した、高性能メッシャーと高速ソルバーが解析モデルの作成作業を自動化、設計者の負担を大幅に軽減します。
さらに、剛結やすべり、接触等のアセンブリ解析にも標準で対応します。
 Standard版では入力したCADデータの問題箇所のチェックや修正機能も利用できます。高品質な解析モデル作成の前提となるCADデータの品質向上にも対応します。

 

 

  • iCAD連携FJKSWAD CAE 解析 FJKSWAD

 iCAD SXからの直接起動、設定した材料情報の引き継ぎ、再解析時の条件保持など、iCAD SXの設計者CAEとして圧倒的な操作性をご提供します(FJKSWAD for iCAD)。
 iCAD MXとの連携では、構造解析モジュールとのファイル互換性がありiCAD MXで出力した解析結果ファイルやKSWAD形式ファイルを、そのまま読み込んで利用できます

 

 

  • 機械・装置に多い特徴的な形状を効率的に解析FJKSWAD CAE 解析 FJKSWAD

 Standard版では、板や骨組、回転体など、機械装置に多い特徴的な形状を効率的に解析する機能を標準でご提供します。また、六面体要素の自動生成、四面体と六面体などの混在メッシュにも対応しています。
 これらの機能は、解析モデル規模の増大を抑えることで、より広範囲のアセンブリ解析や、構想設計段階での概略解析にも威力を発揮します。

 

 

  • 国内開発元の直接サポートによる万全な支援体制FJKSWAD CAE 解析 FJKSWAD

 CAEの有効活用には、サポートセンターの利用が欠かせません。FJKSWADでは国内開発元が直接サポートを実施しています。
 レスポンスの良い適切なサポートはもちろんのこと、お客様の声を製品の強化に反映する上でも大きなメリットがあります。
 富士通の総合力にもご期待ください。
 
 
 
 

ページ先頭へ

お気軽にお問い合わせください