1. HOME
  2. 製品紹介
  3. CAEで進めるものづくりDX

CAEで進めるものづくりDX

cae_overview_figure-1.png

一歩踏み出すものづくりDX 設計品質向上を実現するCAE活用

一歩踏み出すものづくりDX 設計品質向上を実現するCAE活用

ご紹介動画内容
1.ものづくりDXの推進に向けた取り組み
2.一歩踏み出すものづくりDX ~CAE活用~
3.iCAD SXと親和性の良いCAEソフトウェア
4.CAEで更に進めるものづくりDX ~様々なシミュレーションと効果~

デジタルエンジニアリング実現に向けたステップアップ

デジタルエンジニアリング実現に向けたステップアップ

ご紹介動画内容
1.製造業を取り巻く環境とデジタルエンジニアリング実現のポイント
2.デジタルエンジニアリング実現へのステップアップ
3.各ステップでの取り組み
4.PLMサブスクリプションサービス
5.まとめ

※Webセミナーのオンデマンド配信のため、視聴画面操作(資料ダウンロード、アンケート回答など)はできません

   

ものづくり業界の現場にいま求められている、構造解析ソフトウェア

製品開発において、「品質向上」「期間短縮」「コストダウン」は現場に課された急務のテーマです。その一助として、強度解析、振動解析、熱解析などの評価に利用されるCAEは、近年、コンピュータ性能の向上と3次元CADの普及によって設計現場でも広く活用されるようになりました。
試作実験の代替として、CAEによって事前に製品不具合を予測・対策案を検討することができれば、高品質な製品を低コスト・短納期で市場投入することができます。こうした背景から、CAEをより有効に活用したり、 CAEの導入を検討する企業が年々増えています。
その一方、利用するCAEによっては専門知識が必要となったり、あるいは機能不足で目的の解析ができないなど、設計者が十分に活用できているとは言えないケースがあります。
ものづくりの現場ではいま、CAEの知識や経験が少ない設計者でも、信頼できる解析結果をより簡単に導き出すことができ、より高度な解析にも対応できるツールが求められています。

   

CAEで期待される効果例

cae_overview_figure-2.png

    

設計者が本当に使える構造解析ソフトウェア
COLMINA CAE 設計者向け構造解析(FJKSWAD)

COLMINA CAE 設計者向け構造解析(FJKSWAD)は強度解析、振動解析、熱解析に対応した設計者向けの構造解析(CAE)ソフトウェアです。COLMINA 設計製造支援 iCAD SX(以下、iCAD SX)ユーザー向け専用製品とCOLMINA 設計製造支援 iCAD MX(以下、iCAD MX)を含むその他CADユーザー向け製品の2つがあります(iCAD SX、iCAD MXを総称して、以下iCADと表記します)。
設計の上流段階から設計者自身が製品の性能評価を行うことができ、手戻りのない製品設計(フロントローディング)を促進します。iCADをお使いのお客様に最も選ばれている解析ツールです。

富士通は、設計者自身が実務で利用できる簡単な操作性と、充実した機能を兼ね備えた設計者向けの構造解析ソフトウェアを提供し、お客様の「品質向上」「期間短縮」「コストダウン」に大きく貢献します。

CAEの経験が少なくても使いやすい簡単な操作性

強度解析、振動解析、熱解析において、必要な条件を対話形式で設定できます。CAEの経験が少ない設計者や、利用頻度の低い方でも、一定基準の解析結果をより簡単に導き出すことができます。


cae_overview_figure-3.png

     

iCADユーザのためのシームレスな連携性

iCAD連携機能により、iCAD SXからボタン1つで起動でき、材料や色、パーツ情報などを引き継ぐことができます。CADモデルの形状変更に伴う繰り返し解析でも前回設定した解析条件を保持して効率的に再解析できます。

     

最適なメッシングをかなえる充実の機能

ソリッド、シェル(板)、ビーム(梁)など豊富な要素が扱え、iCADユーザの特徴的な設計対象である生産設備や機械装置などの大規模な構造物の解析も効率的に解析することができます。

    

ページ先頭へ

本製品に関するお問い合わせ

<COLMINA CAE 設計者向け構造解析>