COLMINA Service & Solution Navi  (ソリナビ) - Fujitsu
  1. HOME
  2. 製品紹介
  3. 現場最適・効率化
  4. COLMINA 画像認識・異常検知AI
  5. COLMINA 画像認識・異常検知AI

誰でも簡単に利用できる画像AI技術を活用し、製造品質を左右する現場判断の質を向上します。
製造領域で実施している人の目視判断を安く・早く自動化できます。

     

このようなお困りごと・ご要望はありませんか?

COLMINA 画像認識・異常検知AIでこれらの問題を解決できます!

作業スキルによって精度がばらつく

自動化したいが操作が難しそう

目視判断による見逃しでリペア工数が増大、または不良品がフィールド流出する

設備エラーにより生産が停止する

エラー状況を現場に出向いて確認しなければならない

rlcm_down_arrow.png rlcm_down_arrow.png rlcm_down_arrow.png
rlcm_01_01.png

正常・異常の判定基準をPC上で定義します

  • 簡単な操作で検査の
    精度の向上を実現します
rlcm_01_02.png

目視で判断している作業をカメラに任せます

  • 確実な作業不良の検知で
    製造品質の向上を実現します
rlcm_01_03.png

設備の稼働状況をPC上で確認します

  • 設備エラーを低減し、
    稼働率の向上を実現します

     

COLMINA 画像認識・異常検知AIで課題解決可能な3つのポイント

誰でも簡単に

誰でも簡単に

製造異常を捉える画像AIモデル(以降 画像AIと記載)を簡単に作成

誰でも簡単に

異常を即座に検出

異常を即座に検出

作成した画像AIを駆使して、画像をもとに異常を即座に判断

異常を即座に検出

安定運用

安定運用

製造現場を常時監視することで、環境変化を素早く捉え、AI品質を維持

安定運用

     

導入効果

COLMINA 画像認識・異常検知AIは、検査工程に欠かせない良否判定作業を強力にサポートすることによって お客様のビジネスに以下のメリットをご提供します。

不良率低減 自工程完結 現場判断の質を向上
生産設備 エラー低減 省人化・平準化 スキル属人化の排除
リモートで参照可能 AIのバックデートが可能 アルゴリズムの妥当性を検証可能

導入効果例
  出荷検査の不良率が10%減少    設備稼働率が10%向上 検査要員を50%削減

画像認識・異常検知AIの概要

設備の安定稼働・製品の製造品質の向上において、人が行っている目視判断を自動化します。

 ・AIを活用して現場の異常を検知できます。

 ・クラウドを活用し、どこにでも活用できます。

 ・サブスクリプション方式のため、イニシャルコストを削減できます。

画像認識・異常検知AIサービスの概要

画像認識・異常検知AIサービスの概要

画像認識・異常検知AIの機能の特長

1 学習

  • 少ないサンプル数で画像AIを作成可能
  • ノンプログラミングで画像処理スキルが無くても作成可能
  • 特定アルゴリズムの可視化が可能
  • 画像AIのバージョン管理が可能

特長1 学習

2 異常判定

  • リアルタイムでの異常判定が可能
  • ワンクリックにて画像AIの配備可能
  • 確認項目ごとにAIモデルを設定可能で、それぞれで良否判定結果を確認できる。

特長2 異常判定

3 トレンド管理

  • 設備の常時画像監視により、故障予兆の検知が可能
  • 画像AIの陳腐化アラート機能の実装
  • クラウド活用による遠隔地監視が可能

特長3 トレンド管理

拡張性

カスタマイズ機能

・画像情報を元に設備への指示が可能

・製品種別毎での画像AIの切替が可能

・画像情報から着手/完了時刻の記録が可能

・画像とシリアル番号の紐づけによりエビデンスとしての活用が可能

適用事例

     

ページ先頭へ

本製品に関するお問い合わせ

<COLMINA 画像認識・異常検知AI>